(22) 売上計上漏れがあった(認定賞与)。

 (Update:H21.9.3)  

 売上高800,000円(税抜金額)が売上げに計上されていないことが判明した。
 役員が得意先の接待や個人的な交際などのために使用したことが認められたが、その使途が明らかでなく精算を求めないこととしたため、その役員に対する賞与とすることとした。
 なお、売上に対する仮受消費税は40,000円であるが、消費税額を計算したところ未払消費税額は40,100円であった。


修正期の処理 
税抜経理 
進行期の処理
税抜経理 
 ★修正内容を仕訳で表現すると
(借)役員賞与
840,000
(貸)売上
 800,000
(貸)仮受消費税 
40,000
(借)仮受消費税 
 40,000
(貸)未払消費税
 40,100
(借)雑損失
100
 ★修正申告時の仕訳
(借)前期損益修正損
 40,100
(貸)未払消費税
 40,100
 【別表四の処理】 
 区     分
 総額①
処   分
 留保②
流出③
加算
 売上計上漏れ
 800,000  △40,000
(賞与)
840,000
減算
 雑損失
 100 100   
 【別表四の処理】 
 区     分
 総額①
処   分
 留保②
流出③
加算
 前期損益修正損
 40,100 40,100  
減算
 【別表五の処理】
 区   分
 期首利益積立金額①
 当期の増減
差引利益積立金額④
 減②
 増③
 未払消費税
   100  △40,000  △40,100
 【別表五の処理】
 区   分
 期首利益積立金額①
 当期の増減
差引利益積立金額④
 減②
 増③
 未払消費税
 △40,100  
40,100 0